海外格安航空チケット 雛人形 説明ベタの説明研究。: 説明が下手だと決めつけられてしまって、話を聞いてもらえない時ってどうするか?の続き。の続き。

2010年05月11日

説明が下手だと決めつけられてしまって、話を聞いてもらえない時ってどうするか?の続き。の続き。

上手な説明をするためには、「相手が聞く耳を持ってないからだ」なんて、そんなふうに思ってたらもう無理ですよね。



ちょっとかんがえれば簡単なことなんですよ。




説明って誰にしますか?



理解してほしい相手にですよね。




上手な説明ってなんの為にするんですか?



説明する相手に理解してもらう為ですよね。




つまり、そういうことなんです。




相手のことを考えて、こちらが話すわけです。



相手によっては話し方、説明の仕方を変えたほうが理解しやすかったりするでしょう?




相手が、自分の思惑通りの理解をする為には、自分の説明を相手がどう受け取るか、考えて話した方がよさそうですよね?




つまり相手の立場に立って話しをする、わかりやすい説明をする。(まあこれが難しいから説明上手になれないんですけど。)


それを極端な話、“こっちが話してやるから、お前理解しろよ”“お前が聞く耳を持ってないから理解できないんだよ”なんて、そんなスタンスには相手のことを考えるも何もあったもんじゃないですよね。笑



もちろん、相手が聞く耳を持たないからこちらが普通に話していても理解できないんだ、ってこともありますよ。



でも、そんな時はぐっと我慢です。自分がまだまだ説明下手だからだ、と、さらなる研鑚を積めばいいのです。



そうして上手に説明できるようになろうと日々研究していれば、今よりもっと説明上手な自分がこの先に待っているわけですよ。



とか自分向けに言ってみるww
posted by べっち at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。