海外格安航空チケット 雛人形 説明ベタの説明研究。: 説明が下手だと決めつけられてしまって、話を聞いてもらえない時ってどうするか?

2010年04月27日

説明が下手だと決めつけられてしまって、話を聞いてもらえない時ってどうするか?

説明の方法を勉強して、順序とか5W2Hとか、声のトーンまで研究した結果、それでも説明を聞いてもらえない事ってありませんか?



もしかしたら原因はコレかもしれませんね。




説明にはやっぱり相手との信頼関係とか、そんな説明の方法以前の外部的な要因もかかわってきます。




例えば、説明をする橋本君が、説明を聞く高杉先輩に(偽名ですよ、一応。笑)、“こいつは説明が下手だ”とか“説明がわかりづらい”なんてレッテルをすでに貼られてしまっていると、もう端っからちゃんと聞いてくれません。極端な話。



べっちもですね、やっぱり素直には聞いてもらえません。いまだに。



恥ずかしながら一度レッテルを貼られてしまいましたから。スッと聞いてくれればわかるだろってことまで、「?」って顔される。



「聞く耳持ってねーからわからないんでしょ!」って言ってやりたくなる時もありますよ。苦笑。




でもね、これはしょうがない。



相手も人間だから、“こいつはこうだ。”ってレッテル貼ってしまうと、なかなかはがせないんですよ。



自分だってそうだし。



じゃあこの先ずっとそうなのか?



それは違うと思います。



少なくともべっちは先輩や上司に聞いてもらってます。



どうすればいいかを次回にさせてください。



読んでくれてる方すいません、ねむい・・・



ちょと言うと、結局それが冒頭の信頼関係に結び付きます。
posted by べっち at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。