海外格安航空チケット 雛人形 説明ベタの説明研究。: ちょいちょいのあきらめって、自信を削ってってしまうらしい。

2009年08月19日

ちょいちょいのあきらめって、自信を削ってってしまうらしい。

小さな「あきらめ」が自分の自信を少しずつ削ってくんだって。


「あきらめが肝心」なんていうけどね。


「ま、いいか」

「しようがない」

「これで我慢しておこう」

「どうせ無理だ」


こんな言葉に代表されるようなあきらめ、日常的にしてない?


例えばこんなこと。


・同僚のミスに気づいて、でも注意しなかった

・体重を5キロ減らしたいんだけど、何もしない

・業務でわからないことがあっても、なんやかんやて聞きそびれてる

・誰かに協力してほしいけど、結局自分一人でやってしまう


こういうのを繰り返すたびに、自分の影響力に自信を失い、無能力感に襲われたり自尊心を失っているんだって。


自信がないと何をやってもうまくいかないし、何かをする気になれないよね。


自信って大事。


上手な説明をするためにもね。


というか上手に話す為に必要だよね。


じゃあどうすればいいのか。


まぁ、あきらめないようにすればいいってことでしょうけど・・・。


諦めが肝心な時もあるよね。
posted by べっち at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにそうですね。
すごく身近な事なのに全然気づかず。。
何にでも立ち向かって行きたいものですね。
Posted by りょうちん at 2009年11月15日 10:30
初コメントありがとうございます。
うれしいです。
最近書いてなかったのですが、研究だけは常日頃からしております。
難しいですよね、「諦めない」ということは。
諦めた方がいい時もありますよね、理由はいろいろ。どうしても無理、コストパフォーマンス、気分が乗らない、体を壊す・・・etc。
どっちがいいかなんて、結果論でしかないのかもしれませんね。
だから、できる限りの努力をする、と。
それが難しいんですけど。苦笑。
Posted by べっち at 2009年11月17日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。