海外格安航空チケット 雛人形 説明ベタの説明研究。: 業務上の伝達方法って・・・の続き。

2009年07月23日

業務上の伝達方法って・・・の続き。

えーと、続きです。


何がって話ですが・・・コレの続きで↓苦笑。
http://setumeibetter.seesaa.net/?1248360126


おそらくみんなそうなんですけど、人間って、人の話を聞く際に、あれこれ話の先を推測しながら聞くでしょう?


ご自分の場合どうですか?なにを言わんとしてるのかなーって考えながら聞きませんか?


例えば、ちょっと席を外しているAさんに対し、お取引先B様から電話があったとします。

内容は、「13時にNYビルエントランスに来てほしい。でも、Aさんに12時までに伝えられなかったら私も別な予定を入れるのでキャンセルでお願いしたい。」

と。


でね、12時15分にAさんが戻ってきたとしますよ?


こんな内容なら順を追って話せばまず理解できなくさせることはないと思うんですけどね、わざとわかりづらい言い方をします。


「あ、先程お取引先B様よりAさんにお電話があって、

あ、でももう12時過ぎてしまったので意味ないかもしれないですけど、

あ、と言うのも12時までにAさんにこの件伝わらなかったらB様は別の予定を入れるとのことだったので・・・」


もう聞いてられないですよね。笑。


自分がAさんだったら1行目を聞いて、「あーBさんから電話来たのね、用件は何かな?」なんて考えるかもしれませんね。


そこへきて2行目で、「意味がない」とか言われる。
「いやこっちは意味がわかりませんが?」とか考えると思いますwww


そして3行目ですよ、「もーいいから結論だけ言えよ!怒」となると思いますwwww



こんな極端な例はまずないと思いますが、報告される相手はこんな感じで、考えながら聞いていると思うんです。


でも、その先読みしている考えとあまりにもかけ離れた展開を目の前で繰り広げられても、対応できませんよね。

続く・・・。
posted by べっち at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。